むくみはなぜ起きるのか

体がむくむとはどのようなことを言うのでしょうか。
例えば、長い時間立ったままでいたせいで足がむくんでしまった、という経験をしたことがある人は多いと思います。
このような時、体の中ではどのようなことが起きているのでしょうか。
むくみとは、一言で言えば体の中に水分が溜まった状態です。
私たちの体は60%程が水分でできていますが、体内の水分は血液だけではありません。
水分は血管の外側で、細胞と細胞の間などにもあります。
これを間質液と言います。
血液は全身をめぐる間に、この間質液と入れ替わって心臓に戻ってくるわけですが、何らかの影響によって間質液が血管の中にうまく取り込まれないと、体内の水分が過剰に溜まってしまいます。
これがむくみの仕組みです。
冒頭の長時間立っていると足がむくんでしまう例で言えば、その原因は、心臓から離れて体の末端になればなるほど心臓に戻る血液の流れが緩やかになるからです。
心臓は血液を全身にめぐらせるために絶えず拍動していますが、その勢いで押し出された血液も、体の末端に行けば勢いが弱まって、重力の影響を受けやすくなってしまいます。
そのため、足先では血液と間質液との入れ替わりも緩やかになって、なかなか心臓に戻りにくくなってしまうのです。
特に女性の場合、手や足のむくみを太っていると勘違いをして、余計なダイエットに走ってしまう人もいるようです。
太るのは摂取カロリーと消費カロリーのバランスが崩れた全く別の仕組みで起きる現象ですので、両者を区別して自分の身体を見つめるようにしましょう。